WEBライター養成講座【シリーズ記事一覧】

 


WEBライターには、なぜ「養成講座」が必要なのか?

WEBライターといえば、そのほとんどの人がフリーランスや個人事業主として働いています。そして、ライティングといえば、単に文字を書くだけにしか過ぎません。一見すると、勉強やセミナー講習などを受けなくても、誰でもライター業を営んでいけるような気がします。

逆にいえば、こうしたWEBライターになるハードルが低い(誰でも始めやすい)ということは、それだけ「競合(ライバル)」が多いということです。

 

多くのフリーランスが活動する場であるクラウドソーシング。

その中でも私は、クラウドワークスを主に使っています。先日、その中の登録ライター数を見たときに目が飛び出るほど驚きました。2018年のライター登録者数は4万人ほどだったものが、わずか1年足らずで10万人を超えていたのです。

この短期間で競争相手が3倍ほどに増えていることになります。

 

これだけライバルが多いと、クライアント様は「より上手い」「より丁寧な」文章力を持つライターに仕事を依頼するでしょう。すると文章力の乏しい人は、仕事で収入を得るどころか、受注すら取れないような状況に陥ってしまいます。

では、どうするのか?

 

WEBライター養成講座で学べる3つの大切なこと

WEBライターは常に学ぶ姿勢が大切です。ライティングなど誰でもできるものという勘違いがあると、先ほどお伝えしたように受注すら取れず、10万人以上ものライバルたちに蹴落とされてしまうでしょう。

ただ、残念ながらWEBライティングの正しい学び方や、ライターの成功法則というものは、まだ完全に確立したわけではありません

 

そこで、当ブログでお伝えしているWEBライター養成講座をご活用ください。

この講座はシリーズとして、定期的にライティングに役立つ記事を発信しています。WEBライター養成講座で学べることは、主に次の3つです。

 

  • 筆者の実体験にもとづいた具体的な文章表現方法を学べる
  • クライアント様がどんなライティング技術を求めているのか生の声を聞ける
  • WEBライターだけで月50万円以上を得た筆者のリアルな稼ぎ方が知れる

 

プロとして活動する本格的なライティングテクニックを学ぶには、実際に高額なお金が発生します。

インターネットで「WEBライター養成講座」で検索すると、それに関するオンラインスクールや講義、セミナーなどの情報が表れます。しかし、こうした授業のほとんどが、「簡単な内容を教えるだけで1回5,000円近く」もの受講料をとっていることも珍しくありません。

 

一方で筆者は、ライティングの基礎的な知識やテクニックであれば、それは無料で学ぶべきだと思っています。このWEBライター養成講座のシリーズ記事は、そうしたライティングの基礎が、「誰でも、無料で学べる」ようになっています。

確かに本格的な知識習得や、プロライターとしての実践力を身につけるには教科書代や受講料が必要です。しかし、わざわざ基礎を学ぶだけで、ご自身の大切なお金を使う必要はありません。

まずは、このシリーズ記事からライティングの基本的なことを学んでいきましょう。

 

WEBライター養成講座の記事一覧(降順)

 

SEOライティングについて詳しく知りたい方はこちら

WEBライターに欠かせないスキルは文章力のほかに「SEOテクニック」があります。SEOライティングとは、記事や文章に少しだけ工夫を凝らすことで、Googleの検索結果で意図的に上位表示を狙う技術です。

 

私たちライターは、ネット記事を扱うことから、ご自身で書いた記事が検索上位に表示されることが重要となります。

上位表示された記事は、多くの読者が集まり、広告や商品の購入率(クリック率)が高まることでクライアント様の収益化が達成されるのです。

そのため、WEBライターは執筆力の向上ばかりではなく、このSEOライティングについても学んでおかなければなりません。以下の記事は、すでに4,500記事以上の納入実績を持ち、何度も検索結果1位を達成した筆者が送る、珠玉のSEOライティング講座です。

 

現役プロライターから学ぶSEOライティングの極意