SEO分析・調査

当サイト、クラウドワークスで物凄く稼いだ男のブログでは、定期的にSEO調査を行い、その分析結果を記事コンテンツで公表しています。

 

SEO分析の考え方

SEO分析・調査は、このサイトを通じ、Googleのアナリストレポートやサーチコンソールでも行っております。一方で、自サイトの調査では正確な検証に結び付かないことも珍しくありません。たとえば、SEOに効果的な文字数を調べる場合、既存コンテンツの分量を増減することで結果を分析すれば効果が分かります。しかし、Googleの検索順位は複数の要因で判断されるため、文字数の増減が検索結果に与えた影響を正確に判断することは不可能です。

そこで、ランダムにピックアップした検索キーワードから、上位の複数サイトを抽出します。検索結果の上位に表示された各コンテンツを分析することで、SEOの傾向を知ることが可能です。仮に、上位10サイトの1記事あたりの文字数3,000文字が主流であり、なおかつ40~50位の記事の文字数が1,500文字ほどだとしたら、上位表示には約3,000文字程度の分量が必要ということを予測することができます。

 

SEO調査のサンプリング・対象

SEO調査にあたり、まずはランダムの検索キーワードを10個抽出します。ただし、この検索キーワードは、いずれも「競合が多いもの」という条件を含んでいます。競合が多いほど上位サイトのSEO対策が最適化されているため、これらを分析することで適切なSEO施策が施せるはずです。

各キーワードから1~10位までのサイトを調査します(計100記事)。その中で平均値と中央値を探り、各分析結果へと落とし込んでいく形です。

抽出したランダムキーワード

  • KW(1):借金,まとめる
  • KW(2):焼肉,鍋焼き
  • KW(3):色鉛筆
  • KW(4):同窓会,ドレス
  • KW(5):テフロン,フッ素
  • KW(6):dtm,キーボード
  • KW(7):ショート,ボブカット
  • KW(8):歯車,パーツ,作り方
  • KW(9):猫,捕獲
  • KW(10):子供,車,運転