スキルなし・経験なしでも大丈夫!フリーランスの始め方を徹底解説

スキルなし・経験なしでも大丈夫!フリーランスの始め方を徹底解説

【著者紹介】

ゆきひろ(yukihiro):WEBライター歴2年半 詳細な自己紹介ページ

クラウドワークスでWEBライターとして登録し、活動1年目に独立。独立して約半年で月収50万円に到達し、今ではサラリーマン時代の3倍を超える収入に。フリーランスの教本やノウハウが確立されていないことに違和感を覚え、ブログを通じて自分自身で「WEBライター向け教科書」を作ることを決意。現在は教育分野に進出し、始めたてのライターやフリーランス向けの講師活動も務める。

 

「フリーランスとして働いてみたい」

「自分の能力やスキルを存分に発揮したい」

「副業や在宅ワークでフリーランスにチャレンジしたい」

 

現在、会社にお勤めの方、アルバイトやパートとして働いている方には、こうした思いを抱く人も多いのではないでしょうか。いまや副業を解禁する企業も増えつつあり、「時間の空いた時にもう少し稼ぎたいな」と思う方も増えていることでしょう。

しかし、副業や在宅ワークを始めるにしても、いきなりネットビジネスを開始したり、今まで経験のない事業に手を出すのは怖いですよね。なにぶんノウハウがないので、成功に期待するのも難しいと言えます。

 

そこで、フリーランスという選択肢が登場します。

フリーランスは、デザイナーやイラストレーター、WEBライター、ITエンジニアなど、これまでの自分のスキルを活かして働くことができるので、ネットビジネスなどに比べても成功する可能性が高いのです。また、会社終わりや、土日などの休日を利用して働けるので、時間にも都合が付きやすいメリットがあります。

 

一方で、いざフリーランスを始めようとすれば、同時にこんな悩みも浮かんでくるのではないでしょうか。

 

「どうやってフリーランスになればいい?」

「スキルなし・経験なしだけど大丈夫?」

 

アルバイトやパートなどを始めることに比べれば、フリーランスの始め方は意外と分からないことが多いですよね。しかし、最近はフリーランス用のWEBサービスもたくさん登場し、フリーで働くハードルは低くなりつつあります。

特にオススメするのが、クラウドソーシングというWEBサービスです。クラウドソーシングを利用すれば、一からフリーランス活動をする人でも、簡単に仕事を受注できるので、新しい事業の第一歩として始める方も増えています。

 

今回の記事では、どうすればフリーランスになれるのか、その手順から、クラウドソーシングを利用した具体的な始め方まで紹介していきます。また、フリーランスの仕事一覧も紹介しますので、職業選びに困った方はご参考にしてみてください。

 

【この記事でお伝えしたいこと】

  • フリーランスの始め方は簡単!クラウドソーシングならスキルなし、営業なしでスタートできる

 

初回記事公開日:2019年3月6日
最終更新日:2019年9月3日

 

フリーランスとは?働き方や仕組みはどうなってる?

フリーランスとは、企業や個人と契約を結び、相手の求める仕事を納品することでお金(報酬)を得る働き方です。この企業や個人を発注者、またはクライアントと呼びます。

たとえば、イラストレーターの場合、クライアント様から「こういうイラストを描いてほしい」という依頼を受け、その通りに作品を納品すると報酬がもらえるのです。企業で働いていたときは「雇用契約」が基本でしたが、フリーランスは「業務委託契約」が中心となります。

【関連記事 → フリーランスの「業務委託契約」とは?

 

フリーランスはイラストレーターばかりではなく、私のようなWebライターのほか、デザイナー、ITエンジニア、翻訳家、カメラマンなど多種多様です。100種類を超える職種があるため、まさに「自分のスキルを最大限に生かして働ける」といえるでしょう。

 

フリーランスとして働く人は1,000万人を超える!

フリーランスで働く人の数は年々増え続け、2018年には1,119万人まで拡大しました。日本の就業者数は6,662万人(総務省「労働力調査」)なので、働く人の約6人に1人はフリーランスに当たるわけです。

関連記事:なぜ日本ではフリーランス人口が増え続けているのか?

 

1,119万人のフリーランスの内、そのほとんどが副業で働いています。今後はますます副業を解禁する企業が増え、フリーランスの人数も増加していくことが予想できます。

 

フリーランスという言葉がにわかに注目を集め出したのは、2007~2008年頃です。その当時、今では大手とも呼ばれるクラウドワークスやランサーズなど、多くのクラウドソーシングサービスが生まれました。

こうしたクラウドソーシングが誕生するまでは、フリーランスとして活動していくこと自体が難しい環境でした。たとえば、取引先を開拓するにも、自分の足で歩いて営業することが当たり前だったのです。そのため、それまで働いていた企業や取引先のコネを利用したり、知人から仕事を紹介してもらうなどの方法が、フリーランスの始め方として一般的でした。

しかし、クラウドソーシングには仕事を発注・外注したい企業と、仕事を受注したいフリーランスの両方が集まります。いわゆるマッチングサービスですね。

 

【クラウドソーシングのイメージ】

クラウドソーシングの働き方イメージ

(出典:総務省公式サイト,クラウドソーシングの広がり

 

企業からすると、仕事を募集すれば様々なワーカーが集まり、その中から優秀な人材を選ぶことができます。フリーランスからすると、わざわざ営業に出かけることなく、掲載されている案件の中から好きなものを選んで応募するだけです。

つまり、企業側・フリーランス側、双方にとって大きなメリットとなります。

 

こうしてクラウドソーシングサービスが台頭すると、フリーランスとして働くハードルが下がりました。文字通り、フリーランスを始めようと思えば誰でも可能ですし、副業や在宅ワークという働き方もできます

 

それから約10年。今ではフリーランス人口も増え、「フリーで働くこと」は「普通」(一般化)になりつつあります。

「でも高いスキルや能力が要求されるのでは?」と、感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、心配は要りません。私もフリーランスを始めた当初はスキルなしの全くの素人でした。今ではWEBライターとして約2年半活動して参りましたが、それまではアパレルメーカーの正社員。これだけ正反対の道に進んでも、ライターだけで生活していける人がいるのも事実です。

クラウドソーシングサイトは登録するだけなら無料ですし、分かりやすい管理表があるので、仕事の量も簡単にコントロールできます。まずは始めてみる、そんな気軽な感じでスタートしてみても良いでしょう。

 

フリーランスの仕事一覧

フリーランスの人口が増えている理由の一つとして、「職種の数が多い」ということが挙げられます。クラウドワークスやランサーズが生まれてから約10年経ちましたが、その間に職業の種類も豊富になり、フリーランスの裾野が広がったことが大きいです。

たとえば、大手クラウドソーシングサイトのクラウドワークスは、働ける職種・職業がなんと200種類以上も用意されています。これだけ選択肢が多ければ、勤務先で学んだ知識や専門スキルを活用しやすいですよね。

 

では、フリーランスの仕事にはどんなものがあるのでしょうか。人気のある職種を中心に簡単に紹介していきます。

 

フリーランスの職種(1):デザイナー

フリーランスで働く人の中で多い職種が「デザイナー」です。

デザイナーにも様々な職種に分かれます。

 

【デザイナーの種類】

  • WEBデザイナー
  • 3Dデザイナー
  • イラストレーター
  • グラフィックデザイナー
  • ロゴデザイナー  など

 

3DCADなど、専門的な知識やスキルを持っていれば、それだけ高単価の案件にも遭遇します。PhotoshopやIllustratorなどが得意な人は、デザイナーとして始めてみるのも良いですね。

 

フリーランスの職種(2):エンジニア

クラウドソーシングサイトには、エンジニア系の仕事が多く、IT業界などで働いた経験があれば、その知識やスキルをいかんなく発揮できます

エンジニア系の職種には次のような種類があります。

 

【エンジニアの種類】

  • ゲームエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • インフラエンジニア
  • データベースエンジニア
  • コーダー   など

 

上記のように、エンジニア職だけでも相当な職種があるので、好みの分野で働くことができます。

 

フリーランスの職種(3):ライター

ライターとは記事を執筆したり、文章の編集や構成を行う仕事です。私もライターとして活動しております。中には主婦の方が活躍されていたり、サラリーマンの方が副業で週末ライターになるケースもあります。

デザイナーやエンジニア同様、クラウドソーシングの中では案件数が多いです。

ライターにも様々な職種があります。

 

【ライターの種類】

  • WEBライター
  • コピーライター
  • テクニカルライター
  • 編集者
  • 翻訳者   など

 

中には企業向けの専門的な記事を書く仕事もありますが、ほとんどの場合は経験無しでも可能な仕事ばかりです。映画や書籍の感想文、恋愛、商品レビューなど、比較的簡単なものから始めてみると良いでしょう。

 

さて、ここまでフリーランスの代表的な職種を紹介してきました。特に、Webライターはスキルや経験がなくても始められるためオススメです。

では、どのようにフリーランス活動を開始していけばよいのでしょうか。以下で詳しい始め方を紹介していきます。

 

フリーランスの始め方・手順

フリーランスの始め方は、営業ルートを確保したり、ポートフォリオを作成するなど、ひと昔前ならそうした作業が必要でした。しかし、今では「クラウドソーシング」に登録する、これだけで済みます。

もちろん、クラウドソーシング以外にも、フリーランス専門の登録会社に応募したり、エージェントに依頼する方法などもあります。しかし、せっかく簡単に始められる方法があるのなら、手間をかけずにクラウドソーシングを利用することをオススメします。

クラウドソーシングは「実績登録」が可能で、過去に受注した件数や、クライアント様からの評価、PR文、ポートフォリオ、納入先の情報などが自動的に記録されます。つまり、フリーランスの「履歴書」が簡単に作成できるため、新しい仕事を獲得する時などに有利になるのです。

 

また、フリーランスとして活動する場合、青色申告(税金を安くする方法)や帳簿を作成するなどの作業があります。しかし、そうした作業は後ほどで大丈夫です(白色申告の場合は事業申告不要)。

まずは始めてみる、これが大切です。

「フリーランスを始めたい」という人でも、仕事には合う・合わないがあります。もちろん、フリーランスを始めてから、「少し思っていたのと違うな」ということもあるでしょう。

フリーランスが自分に合わないと感じた時は、クラウドソーシングなら簡単に辞めることもできます。そのため、まずはフリーランスという仕事がどんなものか、体験を通じて知ることが最重要なのです。

 

では、どうやってフリーランスを始めるのか?

始め方は次の通りです。

 

【フリーランスの始め方】

  1. クラウドソーシングサイトに登録する
  2. プロフィールや本人確認などの設定を行う
  3. 実際に仕事に応募してみる
  4. クライアント様とやり取りしながら仕事を進める
  5. 納品 → 次の仕事へ

 

これだけです。想像していたより遥かに簡単だと感じたと思います。

 

このブログでは、私ゆきひろのフリーランス経験を通じて、役立つ情報や成功するコツなどを順次アップしています。もちろん、クラウドソーシングの登録方法や、詳しい使い方も紹介していますので、ぜひともそちらの記事をご確認ください!

【関連記事 → クラウドワークスの登録方法・始め方|スマホから5分でOK!

 

フリーランスになるにはクラウドソーシングが便利!

今回は、フリーランスの始め方をクラウドソーシングを紹介する形でお伝えしてきました。

ただ、クラウドソーシングといっても種類は膨大です。

デザイナーやライターなど、様々な職種が揃っている「総合系サービス」もあれば、WEBライターやエンジニアなど、特定の職種に特化した「専門系サービス」まで存在します。その種類は、なんと70社を超えるほどです。

この中から自分に合ったサービスを探すのは難しいですよね。

では、どうやって選べば良いのでしょうか。

 

このブログでは何度かクラウドソーシングの比較記事を発信しています。その中でも、初めてクラウドソーシングを開始する方に、以下の記事をオススメします。

クラウドソーシングは大手2社、「クラウドワークス」と「ランサーズ」が代表的です。大手だと初心者でもスタートしやすい仕事も少なくありません。まずは両者の特徴やメリットなどを比較してみましょう。

【次ページへ → クラウドワークスとランサーズどちらがおすすめ?活動2年半の実感

 

まとめ|フリーランスの始め方は簡単!周りに乗り遅れないために……

今回も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

 

フリーランスの始め方が何となくお分かりになりましたか?

クラウドソーシングサービスが誕生したおかげで、今では誰でもフリーランスを始められる環境が整いました。今まで困難だった受注活動が容易になり、フリーで働くハードルも下がりつつあります。もちろん、最初は副業や在宅ワークでも大丈夫ですので、まずはクラウドソーシングに登録することから始めてみましょう。

 

余談ではありますが、クラウドソーシングの利用者数は急激に伸びています。

クラウドワークスの会員数推移

(出典:総務省公式サイト,クラウドソーシングの広がり

 

上の図は、クラウドソーシング大手のクラウドワークスの会員数推移を表しています。今後はますます、「フリーランス=クラウドソーシング」という考え方が広まっていくことでしょう。

 

「フリーで働きたい」と感じた時が、新しい働き方にチャレンジするチャンスです。ぜひとも新しい人生の第一歩を踏み出してみてください。

 

 

この記事の内容が役に立ったと思ったらシェアしてくださると幸いです。