フリーランスの孤独とうまく付き合う5つの方法|自宅で仕事する寂しさを消し去るには?【クラウドワークス実録記52】

フリーランスの孤独とうまく付き合う5つの方法|自宅で仕事する寂しさを消し去るには?【クラウドワークス実録記52】

フリーランスの孤独とうまく付き合う5つの方法|自宅で仕事する寂しさを消し去るには?【クラウドワークス実録記52】

 

初回記事公開日:2018年11月4日
最終更新日  :2019年3月30日

 

こんにちは、こんばんは!

クラウドワークス(Crowd Works)でライターとして活動しております、ゆきひろです。

【筆者の自己紹介:WEBライターゆきひろについて

【前回アップした記事:【クラウドワークス実録記51】クライアント様と直接契約するメリット・注意点


 

「自宅で一人で仕事をしているのは寂しい……」

「人と会わないし孤独でつまらない……」

フリーランスなら誰しも一度は陥ってしまう、一人で仕事することによる「孤独」。

一人で仕事をすることが多いフリーランスは、どうしても寂しい想いに捉われたり、たまらなく人恋しくなる状況が訪れやすいです。

私も、フリーランス活動を始めたばかりの頃、とてつもない孤独を味わいました。その孤独感から、何度か精神や体を壊したこともあるほど、一人でいることは心身ともに害となります。

フリーランスは体が資本なので、孤独によって体調を崩していてはどうしようもありません。そのため、「孤独といかに付き合っていくか」という点は、フリーランスの大きな課題と言えるでしょう。

 

この記事では、孤独に陥ったときの対処法を5つのポイントに分けて解説しています。

孤独を感じている人は、今も辛い思いをしながら働いているはずです。この記事で少しでも孤独が和らげば幸いです。

 

【この記事でお伝えしたいこと】

  • フリーランスの孤独な生活は心身を滅ぼす元。気分転換で楽しく働ける考え方を身に付ける。

 

では、「クラウドワークス実録記52」スタートです!

 

フリーランスは本当に孤独なのか?|寂しさも考え方次第

フリーランスは一人で黙々と作業をするイメージがあることから、孤独な働き方にも思えてしまいますよね。検索サイトで「フリーランス」と打つと、「孤独」という関連ワードが出るほど、一人で働いている人たちの苦しさが垣間見えてしまいます。

 

私もクラウドワークスでWEBライターの仕事に携わるようになると、自宅で黙々と作業をするため、ときには寂しくなったり、人と会って話したいという想いに駆られたことがありました。

特に、ライターという職業は、自宅にパソコンとネット環境さえあれば、それだけで仕事が成り立ちます。自宅で十分に作業ができるのであれば、そのまま引きこもってしまうのも仕方ありません。

 

ただ、ここまで2年間のフリーランス活動を通じて、「孤独とは考え方次第でどうにかなるもの」だということに気付きました。

確かに、自宅で一人コツコツと仕事をしていると、時おり寂しさを感じます。しかし、自分自身の気持ちを切り替えることで、孤独感や寂しさを感じる気持ちを和らげることができる、これも事実です。

では、一体どうすれば孤独に打ち勝つことができるのでしょうか?

 

自宅で孤独に仕事をしていても寂しさを感じない5つの方法

「自宅で黙々と仕事をしていると寂しく感じる……」

「自宅に引きこもったままで誰かと会話することも減った……」

 

このような孤独感を持つようになった場合、無理をして働く必要はありません。

孤独を感じすぎるとストレスになって心に負担をかけてしまいます。特に、ライターは文字で想いを表現する仕事なので、心の病気は仕事にも悪影響を与えるのです。

そこで、あえて孤独という環境を素直に受け入れて、少しだけ発想を変えてみましょう。

 

私たちは孤独を感じたとき、それを否定したいという感情が芽生えます。そして我慢します。

「自宅でずっと一人……。寂しい……。でも仕事しなきゃ……」

しかし、こうした我慢も長続きはしません。ときに孤独感や寂しさを紛らわそうとテレビを観たり、ネット動画にのめりこんだり、マンガを読んだりなどの行為へと発展します。少しなら大丈夫ですが、そうした行為はいずれ「怠け」となる可能性もあるのです。

「今日はずっと動画を観て過ごしちゃった……」

すると仕事に取り掛かるのが精神的に辛くなり、今度はクライアント数にまで迷惑が及びます。

 

これではフリーランスとして、プロとしてダメですよね。

それなら、いっそのこと「自分は孤独なんだぞ」と開き直ってみてはいかがでしょうか。

 

人間は自分のマイナス部分を否定しようとします。これは本能的なものなので仕方ありません。

しかし、自分自身の「暗い部分」や「マイナス要素」をしっかりと見据えることで、逆に自分の「明るい部分」や「プラス要素」が見えやすくなります。孤独を肯定的に捉えると、今までとはまったく違った発想法が生まれます。

 

私も最初の内は孤独に向き合うことなく、そこから逃げるように仕事に没頭しようとしていました。しかし、そうした我慢が積み重なると、徐々に精神は病んできます。心が弱くなると自然と体調も悪化してきました。

そこで、孤独というものを素直に受け入れようとしたのです。「俺は独りぼっちさ」と開き直ってみました。すると、とたんに気持ちが楽になり、今までとは違う発想ができるようになりました。

私がそのときに感じた、孤独を打ち消す解決策は、

  • 孤独をバネにする
  • 縦の関係がなくなったことを喜んでみる
  • 働く環境を変えてみる
  • 普段は手にしない本を読む
  • 自分から情報を発信してみる

 

上記の5つです。

もし、フリーランスとして活動しているあなたも同じような孤独を感じているようでしたら、1つでも良いので実践してみてください。そして、あえて自分は孤独であることを受け入れてみましょう。

 

解決策(1):孤独をバネにする

人間には2種類のタイプが存在します。

  1. トラブルに遭ったときにそれをバネにして頑張れる人
  2. トラブルに遭ったときに落ち込んで何も手につかなくなる人

 

なぜ、2種類のタイプに分かれるのかというと、それは1と2の人ではそもそも考え方が違うからです。

1の人は、トラブルが起こってもなぜか笑っています。その人いわく、「もしこの問題を解決できれば私はもっと成長できるだろう」と言います。そして、トラブルがバネとなって精力的に問題を解決しようと努めているのです。

しかし、2の人は違います。トラブルが起こったとき、2の人はオロオロするだけで何の行動も起こしません。その人はトラブルが起こってから常にこんなことを口にするようになりました。「どうしよう、こんな問題が起こるなんてイヤだな」、「私ってなんて不幸なんだろう」、「いつか誰かが解決してくれる」、と。

 

孤独に打ち勝つには2の人になってはいけません。この2人は同じトラブルが起こっても、考え方次第で行動に差が生まれます。2の人になってしまうと、孤独を受け入れることができずに深みにはまってしまうことになるのです。

孤独が辛いと感じるのは、トラブルに対して始めから否定的になっているからです。少しだけプラスの方向に考え方を変えてみてください。

否定的な物事の考え方 肯定的な物事の考え方
一人で仕事をするのは寂しい 集中して仕事に取り組める
誰とも話せないのは心細い 息抜きにどこかに出かけてみようかな
自宅にずっといて交友関係が減った クライアント様という繋がりが増えた
誰も褒めてくれない クライアント様に褒められる作品を作ってやる
孤独は辛い 一人で伸び伸びするのは楽でいい
フリーランスは孤独なもの フリーランスは自由だ

 

解決策(2):縦の関係がなくなったことを喜んでみる

フリーランスには会社員のときのように縦の関係をいっさい気にする必要はありません。仕事を発注してくださる取引先、クライアント様は縦ではなく横の関係です。つまり、私たちフリーランスは常に対等な関係でお付き合いをしています。

サラリーマンだと、上司や先輩の顔色を気にして、思ってもいない世辞を言ったり、笑いたくない場面でも無理をして笑わなければならないでしょう。しかし、フリーランスになれば八方美人になる必要もなければ、人間関係に悩まされることもありません。堂々と胸を張って自分の正しいと思ったことを突き通せる環境があります。

「この人対応が悪いな」と思えば無理に仕事を取らなくても良いでしょう。「こんな面倒な仕事やりたくないよ」と思えば、別の仕事を探せば良いのです。なぜなら、フリーランスには能力があるからです。会社の看板なしに自分の能力だけで収入を得るのですから、自信を持って「無理なものは無理」と言えます。能力さえあれば、仕事はいくらでも獲得できます。

これだけはサラリーマンには絶対に真似できません。組織で働いているからです。

ここでも少しだけ発想を変えて、フリーランス特有の働き方を存分に楽しんでみましょう。

 

解決策(3):働く環境を変えてみる

フリーランスは自宅で働いている人が多いと思いますが、何もそれは誰かから強制されたものでも、ルールとして決まっているわけでもありませんよね。自宅で一人で仕事をすることに孤独を感じるのなら、反対に仕事をする場所を変えてみましょう。

職種によっては違いはあれど、ほとんどの仕事はパソコンとネット環境があれば成り立つはずです。パソコンを持っているなら、後はネット環境をどうするか。無料で使えるWi-Fi環境を探しましょう。今の世の中、Wi-Fi通信が飛んでいない所のほうが珍しいくらいです。

コンビニ、カフェ、レジャー施設、マンガ喫茶など、今では多くの施設で無線Wi-Fiを利用できます。また、シェアリングサービスが日本にも浸透したおかげで、レンタルオフィスやコワーキングスペースなどの選択肢もあります。

周りに人がいる状況を作ることで、一人で仕事をしていても孤独を感じにくくなります。

 

【関連記事 → 【クラウドワークス実録記12】コワーキングスペースで働いてみた感想

 

解決策(4):普段は手にしない本を読む

寂しさを感じたときは、今まであまり読んだことのないような本を読みましょう。マンガや小説ではなく、書籍がオススメです。その中でも実用書よりも、思想的な本の方が刺激を受けられます。たとえば、経営者や政治家の自叙伝や、これからの世の中を予測した経済書などです。

こうした本の特徴は、「答えのないものに筆者独自の視点で解を出そうとしている本」です。思想的な本ほど人の考えがたくさん詰まっており、本を読みながらあたかも著者と会話しているような感覚に陥ります。他にも、ビジネス書、社会学、思想・哲学書、エッセイ、日記なども良いですし、自己啓発本も読んでいる内に気持ちが上向きになります。

本は時間の空いたときに、ほんの少しのお金を払って「執筆者と会話ができるツール」です。人の想いや人生訓、経験談、考え、アイデアに触れることは孤独を和らげる効果があります。

 

解決策(5):自分から情報を発信してみる

自分から情報を発信してみることで、新しい交友関係に繋がったり、孤独感や寂しさを取り除くことにも繋がります。たとえば、ブログ、SNS、YouTube、Noteなど、現在は個人が情報発信の担い手になる世の中です。たとえ自宅に引きこもっていようとも、ネットを通じて社会に「言葉」を伝えることができるのです。

 

私もこのブログを始めてみて、複数のライターさんのほか、これからフリーランスを志す人からメッセージを受け取りました。当初はブログからこうしたメッセージをいただくとは想像していなかっため、こうした出来事は涙が出るほど嬉しかったです。彼らは大切な人との繋がりとして、私の心の支えとなりました。

 

情報を発信するような話題を持たない人などいません。人はそれぞれ得意分野や好きなこと、誰かに伝えたいメッセージを持ちます。それを今度は、広く世の中に発信してみてはいかがでしょうか。

もしかしたら思いもよらなかった人との繋がりができ、今まで感じていた孤独や寂しさも吹き飛んでしまうかもしれません……。

 

フリーランスは自宅で作業しているからこそ、孤独感や寂しい気持ちに陥りやすいですよね。

そんな時こそ、あえて孤独を受け入れてみるのも方法の一つです。「私って孤独なんだな」と感じると、今度は自分の内面のことが次々と心に浮かんできます。すると、自分の悪い部分のほか、当然ですが良い面にも思い至るのです。

そうした自分自身の長所や短所を知ることは、実はフリーランスにとって最も大切なこと。自分を知ることで、自分にしかできないフリーランスとして「価値」が見つかります。次は、フリーランスとしての価値を探る、自己分析の方法をお伝えしていきましょう!

【次のページへ → 自己分析でフリーランスとしての「価値」を見つける方法

 

【クラウドワークス実録記52】まとめ

今回も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

 

フリーランスの孤独を打ち消す5つの方法、まとめますと、

  • 孤独をバネにする
  • 縦の関係がなくなったことを喜んでみる
  • 働く環境を変えてみる
  • 普段は手にしない本を読む
  • 自分から情報を発信してみる

 

少しずつでも大丈夫です。少しずつで……。

 

ちょっと一息】(*´ο`*)=3

 


当サイトはブログランキングに登録しています!

上のボタンをクリックしてくださると当サイトの順位が上がります。もし、「このブログ役に立ったな」と感じてくださった人は、ワンクリック頂けると幸いです。

ブログのアクセス数が伸びて、より多くの人にフリーランスの面白さを伝えられることを願います。

 

当サイト管理人ゆきひろのプロフィールはこちら→【自己紹介】プロクラウドワーカー「ゆきひろ」WEBライター

 

お仕事のご依頼やご質問はこちら→お仕事ご依頼・お問い合わせ

 

それでは、また次回お会いしましょう!