【クラウドワークス実録記35】WEBライター専用!チャットワークの利用方法、使いこなし方

【クラウドワークス実録記35】WEBライター専用!チャットワークの利用方法、使いこなし方

【クラウドワークス実録記35】WEBライター専用!チャットワークの利用方法、使いこなし方

 

初回記事公開日:2018年8月22日
最終更新日  :2018年8月22日

 

こんにちは、こんばんは!

クラウドワークス(Crowd Works)でライターとして活動しております、ゆきひろです。

 

前回はWEBライターに役立つチャットワークの特徴や魅力、登録方法を解説しました。チャットワークはリアルタイムのコメント、ビデオ通話、タスク機能などが揃っています。

シンプルで使いやすいので愛用するクライアント様も多い!

↓前回の記事はこちらからどうぞ!

【クラウドワークス実録記34】WEBライターの便利ツール|チャットワーク(chatwork)に登録してみよう!

 

そして今回は、実際にチャットワークを使ってみましょうという内容。チャットワークの基本的な使い方から、テクニック、応用ワザなどを紹介します!

チャットワークを使いこなせるようになると業務効率が良くなったり、クライアント様とのコミュニケーションがより円滑になるでしょう。

 

この記事の主旨は以下の3点!

  1. チャットワークの基本的な使い方
  2. チャットワークのテクニック・小技
  3. チャットワークを使いこなすことで得られるもの

 

この記事を読むことで、あなたのこんな疑問を解決!

  1. チャットワークに登録したけど、どうやって使えばいい?
  2. 便利な裏技とかないの?
  3. チャットワークはフリーランス活動にどう活かせる?

 

では、「クラウドワークス実録記35」スタートです!

 

チャットワーク(chatwork)の基本的な使い方

チャットワークにログインすると、すぐにでもメッセージを送ってリアルタイムの会話が楽しめます。

フリーランスで活動していると、クライアント様もチャットワーク愛用者の方がたくさんいるため、「チャットワークIDを教えてください」と相談されることも増えるでしょう。

特にWEBライターは必ずといって良いほど相談されるので、事前に登録しておくことをオススメします。

では、チャットワークはどのように使っていけばよいのか。ここから実際の画面を見ながら説明していきます!

 

まずはメッセージを送ってみよう!

チャットワークはメッセージを送ることが基本です。コメント欄に文章を入力して「送信」をクリックすれば、チャット欄ですぐに反映されます。このコメントはリアルタイムでメンバー全員の元へ届けられるのです。

コメントを送る時はチャット欄の一番下にある画面を使用します。

チャットワーク送信テスト

コメントを入力して、右側の「送信」ボタンを押すだけ。簡単ですよね!

メッセージを送る時は「TO指定」することもできます。

チャットワークTO指定

「TO」は相手を指定してコメントすることです。コメント欄の「TO」をクリックすると上のような画面が表示されます。ここで相手を指定します。

後は先ほどと同じように「送信」ボタンを押しましょう。すると、「TO指定メンバー」というようにチャット画面に表示されるのです。

チャットワークTO指定(グループチャット)

「TO機能」は複数のメンバーが参加するチャットに便利です。「TO」が無いと誰に送ったメッセージか分からないので、グループチャット等では必ず指定しましょう!

 

また、「TO機能」の他にも「RE機能」もあります。「RE」は「返信機能」のことです。

チャットワーク返信機能

返信したいコメントにマウスカーソルを当てるとメニューが表示されます。その中から「返信」をクリックすると、下のコメント欄に返信先が現れました。

その下にコメントを入力して「送信」を押してみましょう。

チャットワーク返信機能(TO兼用)

するとチャット画面に「REと宛先」が表示されました。

「RE機能」は「TO」も兼ね備えているので、もっとも分かりやすいコメント機能と言えるでしょう。

 

クライアント様の宛先(アカウント)を追加してみよう

チャットワークに登録しても相手がいないことにはメッセージも送れません。クライアント様からチャットワークIDを教えてもらったら、チャットワークにコンタクト申請を送ってみましょう。

まずは画面の右上にある「人型マーク」を選びます。すると「コンタクト管理」の画面が表示されます。

チャットワークID入力

「ユーザーを検索」タブから、検索窓にチャットワークIDを入力しましょう。

コンタクトに追加

すると検索結果が表示されますので、「コンタクトに追加」を選びます。これで申請は完了です。後はクライアント様が申請を承認されるまで待ちましょう。

 

ちなみに自分のチャットワークIDは以下の手順で確認できます。

画面右上にあるアカウントボタンの「プロフィール」を選びます。

チャットワークプロフィール

すると新しい画面が開きます。

チャットワークID

上の画面のようにIDが表示されます。IDを設定していない場合は、「プロフィールを編集」より作成することができます。

これでクライアント様に対しても自分からチャットワークIDをお知らせすることが可能です。

 

チャットワーク(chatwork)のテクニック・小技

チャットワークは主に、複数のライターを抱えるディレクターの管理業務、もしくは会社組織の生産性向上などに利用されることが多いです。

一方で、私たちWEBライターにとっても使えるテクニックや小技があります!

チャットワークを使いこなせるようになると、

  1. 確認漏れや報告漏れが少なくなる!
  2. 的確な質問や相談ができる!
  3. 作業の優先順位が付けやすい!

こんなに良いことが!!

では上記1~3を達成するためにチャットワークで行えるテクニックと言えば、

  1. 既読を未読に戻す機能
  2. 返信時の引用機能
  3. ピン機能

上記の3つです。チャットワークには細かいツールがたくさんあって、しっかりと使いこなすことで業務効率の改善が達成できるでしょう。

では、3つの機能について詳しく紹介していきます。

 

既読を未読に戻す機能

チャットワークでは一度読んでしまったコメントを未読に戻すことができます。

たとえば、内容について一度確認したものの、作業は自宅に帰ってから行いたいという場合。出先でチャットを確認し既読のまま自宅まで戻ると、もしかしたら確認したことを忘れてしまうかもしれません。

そんな時は既読コメントを未読に戻しましょう!

チャットワーク未読機能

上の画面ではコメントは全て既読になっていますが……。

未読にしたいコメントの下に「・・・」というマーク(リンクの右)があるので、その中から「未読」を選択しましょう。

すると、

チャットワーク未読機能(既読変更)

わぁ凄い! 既に開封していたコメントが未読扱いになりました!

未読があれば左側のメニューに数字が表示されるので、またチャットワークにアクセスすれば確認漏れを避けることができますね。

 

引用機能を使うと返信内容が明確に!

チャットワークには「引用」という素敵な機能があります。過去に発言したコメントの全部(もしくは一部)を拾って、返信する際などに利用できるのです。

実際に引用してみましょう!

チャットワーク引用機能

引用したいコメントにカーソルを合わせると、下にメニューが出てきます。ここで「引用」を選びましょう。

すると、自分のコメント欄に引用部分が貼りついて表示されます。

チャットワーク引用機能(引用編集)

その引用に返信する形でコメントを送信すると上の画面のようになるのです。引用する箇所は自由に変更できます。

たとえばディレクターから以下のような指示が飛んできたとしましょう。

パンケーキくん さん>>
25日までに企画を仕上げて提出してね!

ゆきひろ さん>>
ライティングの状況はどうですか?
進捗を教えてください。
作業が終われば、パンケーキくんさんの企画を手伝ってあげてね。

 

この時、パンケーキくんに対するコメントに返信する必要はありません。そのため、「ライティングの状況はどうですか?進捗を教えてください」という部分だけを引用して返信すれば相手に分かりやすいですよね。

つまり、クライアント様は「この内容に返信してくれてるんだな」と一目で確認できるのです。

また、1つのコメント中に何度も引用を入れることができるので、

(引用)>>ライティングの状況はどうですか?
    >>進捗を教えてください。

現在執筆中です! 本日15時には終了します!

(引用)>>作業が終われば、パンケーキくんさんの企画を手伝ってあげてね。

いやです。

 

上記のように相手の質問が重なったり、内容が濃い場合に引用は大変便利なんです!

 

ピン設定で重要な顧客をマーク!

チャットワークのピン機能も便利ですね。ピンを設定しておくと、ユーザーアカウントが常に最上位で固定させておくことができます。

ちょっとやってみましょう!

チャットワークピン機能

ピン設定は簡単で左側にあるユーザーアカウントの右の方にマウスカーソルを合わせます。すると、ピンマークが薄く表示されるので1回だけクリックしてください。

チャットワークピン機能(マーク設定)

すると上の画面のように、ピンマークが表示されました。これでこのチャットは常に一番上に表示されるようになります。

ピン機能は、たとえば大手メディアの編集グループなどで常にチャットが流れてくるなど、確認作業が多い時に便利です。

 

【クラウドワークス実録記35】まとめ

今回も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

 

 

 

 

 



ゆきひろさん1人で何やってんすか?

 

フリーランスランキング
 

当サイトはブログランキングに登録しています!

上のボタンをクリックしてくださると当サイトの順位が上がります。もし、「このブログ役に立ったな」と感じてくださった人は、ワンクリック頂けると幸いです。

ブログのアクセス数が伸びて、より多くの人にフリーランスの面白さを伝えられることを願います。

 

当サイト管理人ゆきひろのプロフィールはこちら→【自己紹介】プロクラウドワーカー「ゆきひろ」WEBライター

 

お仕事のご依頼やご質問はこちら→お仕事ご依頼・お問い合わせ

 

それでは、また次回お会いしましょう!