【クラウドワークス実録記21】なぜWEBライターは「稼げない」とウワサされるのか?

【クラウドワークス実録記21】なぜWEBライターは「稼げない」とウワサされるのか?

【クラウドワークス実録記21】なぜWEBライターは「稼げない」とウワサされるのか?

 

初回記事公開日:2018年8月6日
最終更新日  :2018年8月6日

 

こんにちは、こんばんは!

クラウドワークス(Crowd Works)でライターとして活動しております、ゆきひろです。

 

先日は、新しいシリーズとして「WEBライター養成講座」をアップしました!

ご覧になった方はいかがでしたでしょうか? 少しでもライティングや執筆業のお役に立てれば幸いです!
【WEBライター養成講座1】取材をするなら「他人」ではなく「自分」

さて、今回は「クラウドワークス実録記」の続きで、フリーランスにまつわる噂や口コミを検証していこう、というもの。

よく、フリーランスの収入や経済環境などを調べていると、

  • 「WEBライターなんて稼げないよ!」
  • 「ライター業なんてやるもんじゃない!」

なんて声が聞こえてきたりします。

でも、現実にクラウドワークスやランサーズなどで活躍している方もいれば、私のようにWEBライター1本で飯を食っている例なんかもあったりするんです。では、どっちが正解なのか?

ここからは、1年半の活動を通じた私の体験談をもとに、なぜ「WEBライターは稼げない」と言われるのかを検証していきましょう!!

 

この記事を読むことで、あなたのこんな疑問を解決!

  1. ライターは稼げないって本当?
  2. 収入状態について内部の事情まで教えて!
  3. ぶっちゃけいくら稼げるもんなの?

 

では、「クラウドワークス実録記21」スタートです!

 

「フリーランスで稼げる人は一握り」は本当でもあり嘘でもある

「フリーランスは稼げない」なんてよく言われますが、続けてウワサされるのがこの「フリーランスで稼げる人は一握り」という言葉。

ここまで約1年と6か月の期間フリーランスを生業としてきた立場からすると、「確かに」と思う面もあれば、「ちょっと言い過ぎじゃない?」と感じることもあります。

ではまず、ウワサを検証するには事実から見ていきましょう。

以下はクラウドワークスで活動するWEBライターの一覧画面です。

クラウドワーカー一覧(クラウドワークス)

ライターの数だけで45,000人って……。スゴ。

では、ランサーズではどうでしょう?

クラウドワーカー一覧(ランサーズ)

1300人……。い、意外と少な。これは知らなかったですね。

(まてよ。クラウドワークスの十倍以上も仕事があるランサーズで、これだけライターが少ないってことは……)

(これはもしかしたらランサーズに乗り移るチャンスなんじゃないか……)

(もしかして、この記事を書いている余裕なんてないn

kapow=殴った時の音

 

クラウドワークスで「実績100」以上を付けるライターは計415名。けっこういる印象ですが、全体のライター数からすると100分の1という少なさです。

実績数100が稼げる目安というわけではありませんが、これだけの受注を取ろうとすると自然と1か月の収入も上がることは間違いないでしょう。

この数字が物語るように、「フリーランス(ライター)で稼げるのは一部の人だけ」と言われるのも納得です。

 

ただし、もう一点。

このウワサが嘘でもあると書きました。それはこういうことです。

たとえば、あなたの周りにいるサラリーマンの方、自営業の方、アルバイトやパートの方で稼いでいる人はどれくらいいるでしょう? おそらくほんの一部ではないでしょうか?
(もちろん「稼ぐ」をどう定義するのかは人によって違います)

もし「稼ぐ=人よりお金を儲けること」だとすれば、なかなか今の時代で飛びぬけて稼いでいる人は少数ではないでしょうか。

人より頭一つ抜きんでるためには、他人とは違う努力が欠かせません。時には寝る間も惜しんで会社のため、自分のために奉仕する覚悟も必要になってきます。

フリーランスという働き方も、ライターという職種もこれと同じです。

ライバルに蹴落とされないためには、ライティングの知識をしっかりとつけないといけない。他にも企画や構成、マーケティング、コンテンツ知識、顧客管理、タスク管理、戦略・戦術などのスキルも磨く必要があります。時には、ディレクターの立場で物事を考える視点も必要でしょう。

つまり、どんな業界、お仕事でも努力していない人には稼ぐチャンスもめぐってきませんし、チャンスをものにする力も養われません。

努力をしても報われない」のではありません。「努力をしない限りは何も残らない」のです。

稼げるか、稼げないかを決定づけるのは自分自身の能力です(全てとは言いません)。

稼げない人はフリーランスでなくても、どんな業界、お仕事でも稼げない。だからこそ、「フリーランスで稼げる人は一握り」というウワサに異議を唱えました。

これは私個人の1つの意見です。

「ライターは稼げない」と言っているのも個人の意見に過ぎませんし、「ライターは稼げる」と言っているのも個人の意見にしか過ぎません。

大切なのはそれぞれの意見に流されずに、あなた自身で正確な情報を確認し、実際に体験してみて判断することです。今回は、ライターさんの総数をもとに簡単な確認方法をお伝えしましたが、これだけでも現状がよく分かりますよね。

ただし、情報だけ確認して、後は何もせずに諦めるのはもったいないと思います。

もしかしたら、あなたには素晴らしいライティング能力、企画構成力があるかもしれないんですから。

 

「WEBライターは稼げない」と言われる理由

「WEBライターは稼げない」とは、先ほども言いましたが1人の意見にしか過ぎません。

実際にその人がクラウドワークスやランサーズに登録し、「稼げなかった」という経験を基にしているだけです。

一方で、稼いでいるクラウドワーカーがいるのも事実で、先ほど紹介した画像ではトップランサー(実績ナンバーワン)の方で1,000以上も受注を積み重ねていました。おそらく、彼(彼女)に話しを聞いたとしても「WEBライターは稼げない」なんて決して言わないと思います。

私も胸を張って、「ライターは稼げるんだぞ!」と言うことができるのです。

何度も言います。

他人の意見に流されないでください。

何がなんでもライターになりたい意欲があるなら、「稼ぐ努力」をしましょう。当ブログをしばらくご愛読いただければ、稼げる方法は絶対に見つかります。

 

ライターでもビジネスマンでも稼げる仕組み

「稼げる」という言葉をかなり大まかに表してしまえば、それは「成功する」ということと同じ意味になります。では、ライターとしても、そしてビジネスマンとしても成功するにはどうしたら良いのでしょうか?

フリーランスで成功するコツは解説すると超長文になってしまいますので、ここでは割愛して、適度に発信していきます!

ただ言えることは1つ!!

個人の成功の秘訣は働き方が違っても、職種や業種が違っても同じだということ。たとえ老若男女であろうとも、古今東西どこでも成功する法則があります。

それが、



「クラウドワークス実録記22」で紹介しているんです!

 

長文になってしまったので明日にアップします……。ごめんなさい。

次回も見て下さいね!!

 

【クラウドワークス実録記21】まとめ

今回も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

 

ちなみに、なんですが。

今回、クラウドワークスのワーカー検索画面を紹介しましたよね。クラウドワークス公式サイトから、上部にある「クラウドワーカーを探す」を押してもらうとアクセスできます。

実は、こんな感じで私も登録されているので、ぜひぜひ探してみてください(笑)

ゆきひろを探せ!
ゆきひろを探せ!

えっ? ご褒美っ?

そうですね……。

もし見つけて下さった方には、テストライティング代無料のサービス!!
(「ブログ見たよ」とコメント下されば嬉しいです)

 

 

フリーランスランキング
 

当サイトはブログランキングに登録しています!

上のボタンをクリックしてくださると当サイトの順位が上がります。もし、「このブログ役に立ったな」と感じてくださった人は、ワンクリック頂けると幸いです。

ブログのアクセス数が伸びて、より多くの人にフリーランスの面白さを伝えられることを願います。

 

当サイト管理人ゆきひろのプロフィールはこちら→【自己紹介】プロクラウドワーカー「ゆきひろ」WEBライター

 

お仕事のご依頼やご質問はこちら→お仕事ご依頼・お問い合わせ

 

それでは、また次回お会いしましょう!