【クラウドワークス実録記16】良いクライアント様に出会えるかは縁次第!

【クラウドワークス実録記16】良いクライアント様に出会えるかは縁次第!

【クラウドワークス実録記16】良いクライアント様に出会えるかは縁次第!

 

初回記事公開日:2018年7月30日
最終更新日  :2018年7月30日

 

こんにちは、こんばんは!

クラウドワークス(Crowd Works)でライターとして活動しております、ゆきひろです。

クラウドワークスIDナンバー:1286134(プロクラウドワーカー認定)
WEBライティングの実績やポートフォリオはこちらから:https://crowdworks.jp/public/employees/1286134

 

今回は、クラウドワークスを通じて出会うクライアント様について考えていきましょう!

クラウドワークスで受注する案件は、ほとんどの場合メッセージやチャットでお仕事が完結することがほとんど。中には、スカイプのビデオ通話やGmailを使うこともありますが、「直接会ってお話しなくても仕事ができる」という特徴があります。

しかし、たとえネット上だけでコミュニケーションする場合でも、発注者と受注者は「人と人との繋がり」です。

当然ですが、中には「めちゃくちゃ相性の良い人」もいれば、「全然合わない人」も出てくることでしょう。できれば肌の合わない人とは一緒にお仕事したくはないですよね。

では、良いクライアント様に会うにはどうすれば良いのか?

どうやってクライアント様との円滑な関係を築くのか?

今回は、上記のテーマをメインに、私の経験も織り交ぜながら紹介していきます!

 

この記事を読むことで、あなたのこんな疑問を解決!

  1. 良いクライアント様(自分に合う人)に出会う秘訣は?
  2. クライアント様と円滑な関係を築くコツは?
  3. クライアント様との間で揉めてしまった!どうすれば!?

 

では、「クラウドワークス実録記16」スタートです!

 

良いクライアント様に出会えるかは縁次第

「良い」クライアント様とは何でしょう?

あなたはどんな人をイメージしますか?

私は1年半ほどクラウドワークスで活動し、その中で「良いクライアント様は相性の良さ」が一番だと実感しております。

クライアント様でも人の子ですので、中には粗雑なコミュニケーションを取ったり、お仕事の遅い人もいらっしゃいます。一方、即座にメッセージの返信をくれたり、物腰が柔らかな紳士の方など、クライアント様も千差万別。

上記のような人たちをあなたはどう感じますか?

前者を「悪いクライアント様」、後者を「良いクライアント様」と思われましたか?

感じ方も人(受注者)それぞれですよね。

しかし、少し不愛想だけど、返信や確認がものすごく早い人。仕事はスローペースだけど、ものすごく丁寧に返信を下さる方など、クライアント様は良い部分と悪い部分の両面を持っていることを忘れてはなりません。

そのため、出会ったばかりのクライアント様の応対が悪いからと「良くないクライアント様」と判断してしまうのは早計です。長くお付き合いすることで、その人の良い部分もたくさん出てくるはずだからです。

 

私は1年半のフリーランス生活で300人ほどのクライアント様とご一緒させて頂きました。

最初の頃は上記のように、クライアント様の一部分だけを見て「良い」とか「悪い」を判断してしまっていたのです。しかし、始めに「悪い」と思った人でも、2~3ヶ月お付き合いしてみると、「この人良い人だな」と感じる場合も多々ありました。

その結果、現在の私は「良いクライアント様」を判断するコツは、「自分に(その人が)合うかどうか」だけだと考えるようになったのです。もしくは「その人が(自分に)合うかどうか」と捉えることもできるでしょう。

「アバウトだな(笑)」と思った方もいらっしゃるはずです。

そう、アバウトなんですよ(笑)。

でも、日常生活でも、「なんであの人と仲が良いの?」と聞かれて明確な答えを出すことは難しいですよね?

「何となく気が合うから」と答える方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

いわば感覚的に相性を決めている。そして、人と人との関係は感覚的で良いと私は考えます。辺に理屈をつける方がおかしい。

クライアント様も同じです。

1~2ヶ月ほど一緒にお仕事をしてみて、「この人は私に合いそうだ」と思えばその後も継続していけば良いでしょう。

逆に「合わない」と思った人とは上手く理由を付けて継続を断ればいいんです。相性の悪い人とお仕事していても、お互い気持ち良く前に進むことはできません。それでは良い結果も生まれないでしょう。

 

詰まるところ、日常生活の出会いと同じように、クラウドワークスでのクライアント様との出会いも「縁」が大切

良いクライアント様に出会うのは縁次第ということですが、人との繋がりを広げるには「ただ待っている」だけではなかなか得られないものです。こちらから良縁を求めて行動することが欠かせません。

そのコツを次の項目で紹介していきます!

 

自分から良縁を探しにいくコツ

人との縁は待っていてもなかなか訪れるものではない、それならこちらから仕掛けていきましょう。

ここで言う縁とは、「クラウドワークスで良いクライアント様と出会うコツ」ですね。

良いクライアント様と一緒にお仕事していると、気持ちよく作業を行えるだけでなく、新しいビジネスに発展したり、長期的にお付き合いできる可能性が高まります。

ぜひとも、これから紹介する方法を試してみてください!

 

とにかく多くの受注を取ってみる

クライアント様と相性が良いか悪いかは、一緒にお仕事をしてみるまで分かりません。

だから、「私はどんな人と相性が良いんだろう?」と考えるよりも、とにかく多くの受注を獲得してみる方が理にかなっています。とにかく新しいチャンスを獲得する、その分母(回数)を増やすのですね。

幸いクラウドワークスには、2018年7月30日時点で1万2,000件を超える案件があります。たくさんの案件に応募することで、新しいクライアント様に出会う機会を増やしてみてください!

 

プロフィールページを魅力的にする

クラウドワークスには「スカウト」という機能があり、クライアント様がクラウドワーカーのプロフィールページを見て直接お仕事の依頼をすることです。

発注者からメッセージが来るまで動けないことから受け身の方法にも思えます。しかし、プロフィールページの充実は立派な「アクション(行動)」ですし、より良いクライアント様を獲得する戦略でもあります。

また、プロフィールページを充実する他に、プロクラウドワーカーを目指すのもオススメです。

クラウドワークスでは、受注数や評価が基準値を上回るクラウドワーカーに「プロ」の認定を与えています。プロクラウドワーカーになると、それだけでクライアント様の注目も集まるので、出会いの数が多くなるのです。

 

自分から情報を発信してみる

ブログやホームページなどを通じて個人的な情報を発信してみるのもオススメ!

クラウドワークスでは、プロフィールページに自信が運営するWEBサイトのURLを貼り付けることができます。そして、クライアント様がそのページにアクセスすれば、新しいお仕事を発注してもらえるかもしれません。

また、ブログやホームページではクラウドワーカー個人の魅力が表れていることも多く、初めてのクライアント様とも仲良くなりやすいです。

また、クラウドワークスである程度実績を積んだのなら、今度はランサーズやクラウディアなどにも登録してみても良いでしょう。クラウドソーシングサイトに限らず、ネットでWEBライター求人を探したり、企業に直接アプローチしてみるのも構いません。

どんどん行動してみると新しい人との出会いの場が広がることでしょう!

 

クライアント様と良好なコミュニケーションを取る方法

せっかく良いクライアント様と出会っても、良好なコミュニケーションを取ることができないなら、相手はあなたの下を去っていく可能性が高いでしょう。

では、コミュニケーションは何をもって「良し」とするのか?

また、どのように良い関係性を築いていくか?

新しい人と出会った「後」のことを考えていきましょう!!

 

相手が何を求めているかを考える

クライアント様であっても、友人や家族であっても、「相手が何を求めているのか」を理解できないと円滑なコミュニケーションは有り得ません。

この「何を」という部分は「ゴール」のことです。つまり、「最終的にクライアント様が欲しいもの」であって、その他のものはゴールに到達するための手段にしかすぎません。

私は、このクライアント様が望む「ゴール」は、すなわち「永続性だと考えています。

多くのクライアント様は、自社メディアやブログを構え、その中の広告、もしくはメルマガや会員費によって収入を得ています。彼らが、自分でコンテンツを作らず、わざわざライターを雇って記事を書いてもらうのは、その方が効率が良いからです。

つまり、これは立派なビジネスですよね。

そしてビジネスは永続性、持続性を持ってしか存続できないからこそ、それがゴールとなります。収入や利益、読者、戦略などの細かい事項は、ビジネスを続けるための道具であって目的ではないのですね。

このクライアント様のゴールに対して、どうやってアプローチするか?

その方法は、

Q:ビジネスを永続するために何が必要か?
A:資金

Q:資金を得るには何が必要か?
A:読者(広告をクリックしてくれる人、会員登録をしてくれる人など)

Q:読者を得るには何が必要か?
A:魅力的なコンテンツ

Q:魅力的なコンテンツにするためには?



など、「ゴールから入口に向かって逆算して解を求める」ことが必要なんです。

たとえば、このように考えていって、最終的に「Google検索で1位を獲得する記事を書く」という解に収束したとします。そして、実際にそのように行動して、ぴったりとクライアント様のゴールを一致したならば、あなたは「クライアント様にとって絶対に必要な人」になるわけです。

絶対に必要な人は替えが利きません。つまり、切っても切れない関係の構築に繋がると言えるでしょう。

 

ほどほどに敬意を、ほどほどに自己主張を

何でもやり過ぎはよくありません。

「クライアント様が大切」というお気持ちはよく分かりますが、あまりにも気持ちが前に行きすぎると、今度はそれが必要以上にへりくだった態度に映る可能性もあるのです。

また、クライアント様の意見を大切にするがあまり、ご要望やご提案に何でも「Yes」と答えてしまう。これも注意が必要!

発注者からすると、受注者から何も異論がない、意見もない、提案もない場合、漠然と「機械と仕事している感覚」に陥ります。

一方的に話しかけている事ほどつまらないものはありません。たとえ異論であっても、お互いの表現が交互に入り混じるからこそ人は繋がりを感じるものです。

かといって、立場の関係から、主張し過ぎるのも「何だコイツは!」と受け止められかねないでしょう。

そこで、ほどほどの感覚を大切に、自分の考えを述べるところ、人の意見を受け入れるところとメリハリを付けるのがオススメ!

 

自分の根幹になる部分は曲げない

ほどほどに、バランス良くという対応を心掛け、同時に「自分の根幹になる部分は曲げない」ことを意識します。

たとえば、私の場合は、

  • 「1時間以内に返信を心掛ける(遅くても3時間以内は必須)」
  • 「ありがとう・ごめんなさい・いつもお世話になりますを心にこめる」
  • 「丁寧な口調、文言が基本」

上記3つのルールを設けています。

このルール外のことに関しては、クライアント様に合わせて適せん柔軟な対応をします。

しかし、上記のルールは、たとえ相性の悪いクライアント様であっても、相性の良い人であっても必ず行う事と決めているのです。これが、「根幹部分を曲げない」という意味なんですね。

 

さて、ここまで紹介した3つの方法を意識して行うことで、クライアント様とのコミュニケーションはグッと良いものになるでしょう!

ただし、あまり意識し過ぎて肩ひじを張る必要もありません。リラックスして、常に落ち着いてクライアント様との関係性を構築してみてください。

 

【クラウドワークス実録記16】まとめ

今回も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

 

良いクライアント様と出会うコツ、出会ったクライアント様と良いコミュニケーションを行う方法を解説しました。いかがでしょうか?

フリーランスで働き始めたら、自分1人で発注者の方とメッセージのやり取りを行ったり、交渉を行っていくのが基本です。仕事をこなすのも「あなた」なら、お客様との窓口になるのも「あなた」なのですね。

そのため、フリーランスはただ単に仕事ができるから良いというわけではなく、しっかりとしたコミュニケーション能力を求めらることも多々あります。

今回紹介したコツや秘訣をご参考に、ぜひとも相性ピッタリのクライアント様を探してみてください!!

 

フリーランスランキング
 

当サイトはブログランキングに登録しています!

上のボタンをクリックしてくださると当サイトの順位が上がります。もし、「このブログ役に立ったな」と感じてくださった人は、ワンクリック頂けると幸いです。

ブログのアクセス数が伸びて、より多くの人にフリーランスの面白さを伝えられることを願います。

 

当サイト管理人ゆきひろのプロフィールはこちら→【自己紹介】プロクラウドワーカー「ゆきひろ」WEBライター

 

お仕事のご依頼やご質問はこちら→お仕事ご依頼・お問い合わせ

 

それでは、また次回お会いしましょう!